見込み客を一気に獲得するちょっとズルい方法

 

さて、あなたならどうしますか?
ちょっとだけ、考えて欲しいのですが、、、

 

 

あなたは「夜の店」のオーナーを対象としたビジネスをしています。

 

 

つまり、ちょっと高いお金を出して、お酒を飲んでおしゃべりするような、そういう店に商品を売り込みたいと思っています。

 

 

そのようなお店の「幹部」。
あるいは「オーナー」「社長」。

 

そのような意思決定ができる人と知り合って関係を築き、商品を買ってもらいたいのです。

 

 

さてあなたならどうしますか?
どうやってそのような人と知り合いますか??

 

 

飛び込みでお店に行きますか?
営業マンを行かせますか?
それともDMを送りますか?

 

 

インターネットを使って、相手が見つけてくれるのを待つ、という方法を取りますか???

 

 

・・・
・・・
・・・

 

 

紹介の連鎖が永遠に続く「マル秘 人脈活用術」にはこうあります。

 

 

P.61
====================
あなたのターゲットを確実に見つけるには、別の方法もある。
それは、”隣接業種で働いている人”とコンタクトを取ることだ。

 

例えば、住宅ローンの営業マンであれば、不動産仲介者協会の人間を探せば、仕事を数多く紹介してもらえるようになる可能性がある。

 

不動産仲介者協会の人たちは日々、ローンを組んで家を購入することを考えている人たちを相手にしているからだ。
====================

 

 

さらにこの本の著者は、

 

「教師」というニッチな市場を狙う場合、もし教育委員会の会長と知り合えれば、それがベストだが、、、

 

それができなかったとしても、社会事業や社会活動に携わってみる。

 

つまり、見込み客になりそうな人や、見込み客になりそうな人を「たくさん知ってそうな人」が集まる場所がどこか考えてみる。

 

 

という方法を推奨しています。

 

 

さて。

 

では最初に言った「夜の店」にはどうやってアプローチすればいいでしょう?

 

意思決定のできる人物と知り合うには、どうすればいいでしょう?

 

そのような人脈を「一網打尽」にするには、どのような”隣接業種”と接触すればいいでしょう?

 

 

 

答えは無数にありますが、そのひとつは「オシボリ業者」です。

 

 

「夜の店」では毎日大量のオシボリが使われていて、ほぼ全ての店でどこかしらのオシボリ業者と取引があります。

 

ということは、オシボリ業者との「深い人脈」を築くことができれば、そこから一気に、本当のターゲットである「夜の店」を紹介してもらえる可能性が高いということですね。

 

 

もちろん、やり方を間違うと反感を買うので慎重に、、、

 

 

 

米国大統領も学んだ「正しい人脈活用の方法」はこちら。

「マル秘 人脈活用術」

 

 

 

 

62ページを開けば、
”隣接業種”についての想像力を働かせる方法もわかります…

隣接業種の見つけ方はこちら

 

トップへ戻る