繁盛するケーキ屋、潰れるケーキ屋

 

ここにある2人のパティシエがいます。

 

 

2人とも同じ専門学校を卒業後、ともに海外留学も経験し、そして同様に職人として才能があり、同じ有名スイーツ店で修行を積み、やっとの思いで独立しました。

 

現在もそれぞれのお店を経営しています。

 

 

しかし、違いもありました。

 

 

一人は、、毎朝オープン前からお店に行列ができ、閉店前には必ず売り切れてしまうほどの人気店のオーナー。

 

 

もう一人は、、閉店時には商品が売れ残ってしまう閑散としたお店のオーナー。
彼は、新商品を追加するなどして、もっとお客さんに買ってもらえるように…と毎晩試行錯誤して、悩んでいます。

 

 

一体なにが二人に違いを作ってしまったのでしょうか?・・・

 

 

その答えはどこにあるのか?
なにか魔法のようなテクニックがあるのか?

 

 

 

その答えこそが、、、顧客の購買行動を操る”脳科学マーケティング”です。

 

 

脳科学マーケティングとは、
お客さんが「欲しい!!」と、つい買ってしまうような非常に面白い原理。

 

 

ここで先ほどの2人のパティシエの2つのお店の話に戻りましょう。

 

どのような仕掛けがお店に違いを生んでいるのか?

 

 

それは・・・

 

”商品のバリエーション”です。

 

 

 

「脳科学マーケティング100の心理技術」にはこう書いてあります。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

脳科学によれば、
「人間は選択を行うと脳が疲労し、その後の意思決定が実際に困難になる」といわれています。

 

 

この事実を人間の購買行動に応用した実験があります。

 

〈コロンビア大学の実験〉
高級食品店でジャム6種類、もしくは24種類から選択を迫られた場合のお客さんの行動を実験しました。

 

 

すると、6種類を提示された場合、お客さんの30%が購入に至ったにもかかわらず、

 

24種類を提示された場合、なんと、購入に至ったお客さんはわずか3%。。。

 

 

かなり驚くべき実験結果。

 

選択肢の少ない方が、多い場合よりも10倍も売れたのです。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

またまた話は戻りますが、、

 

二人目のパティシエは、売上が低迷していることを理由に、なんとかお客さんを呼び込もうと新商品を売り出し、商品のバリエーションを豊富にしていました。

 

 

しかし、その”豊富な商品バリエーション”がお客さんの選択肢増やし、購買欲を減少させてしまっていたのです。。

 

 

つまり、

 

豊富な品揃えに見せたいばかりに、選択肢を加えるのはよくない戦略…ということ。

 

売上が低迷している商品。
思い切って選択肢を削ってみることで、おもしろいことに売上が増えてしまうのです。

 

 

この原理は、みなさんが売っている商品が何であるかは関係がありません。
あらゆるビジネスに有効です。

 

 

このように、脳科学を利用してお客さんに「欲しい!」と思わせる脳科学マーケティング。

 

 

すぐに使えて、面白いほど効果が出るので、ぜひ、残りの99個の消費者脳科学テクニックをチェックしてみて下さい。

すぐに使える脳科学テクニックを見てみる

 

 

トップへ戻る