お客さんをファンにする記事の書き方

もし、あなたが

 

  • ネットの訪問者をお客に変える方法が分からない。
  • ブログやメルマガ、フェイスブックを始めたいが、何を書けばいいか分からない。
  • 読者を惹きつけるコンテンツの作り方が分からない。

 

といったことに悩んだことがあるなら、

 

 

 

「コンテンツ・マーケティング64の法則」が役に立つでしょう。

http://www.directbook.jp/bew/index_af.html

 

 

ブログ、フェイスブック、メルマガ、Twitterといったメディアを使って集客しようすると必ずぶち当たる壁。。。

 

 

それが、、、

 

”面白いコンテンツが作れない”

 

ということです。

 

 

 

事実、ある米国の調査によると、コンテンツ・マーケティングの一番の課題は「夢中にさせるコンテンツを作れないこと」で、全回答の41%を占めています。

 

  • いくら、YouTubeなどの新しいメディアを取り入れても、、、
  • いくら、多くのメディアを使っても、、、
  • いくら、1日に3回も5回も記事を更新しても、、、

 

結局のところ、面白いコンテンツが作れなくては何の価値もありません。

 

 

では、、、

  • お客さんを集める記事と、見向きもされない記事は何が違うのか?
  • お客さんをファンにする記事と、そうでない記事では何が違うのか?
  • 売上に直結する記事と、いい話聞いたなで終わる記事では何が違うのか?

 

このページにその答えがあります。

お客さんをファンにする記事の書き方

 

トップへ戻る