稼ぐ飲食店と稼げない飲食店の決定的な違い

 

ちょっと想像してみてください。

 

 

あなたはイタリアンレストランの店長です。
集客は主にチラシ。
1人で飲食店を運営しています。

 

 

 

4ヶ月前あるチラシを打ちました。

 

 

ポスティングに5000枚。

 

自信満々で、
「これならお客さんが殺到するだろう」
と思い作成しました。

 

 

チラシを出した日、お客さんが来すぎてせっかく来てくれた人を、断らないといけなくなってしまうんじゃないか?

 

 

忙しくなりすぎて、人が足りなくなってしまうんじゃないか?

 

 

お客さんがたくさん来ることを想像して楽しみにしていましたが、

 

 

 

いつまでたってもお客さんが増えることはありません。
大量に発注した食材もほとんど余っています。
いつもより多めにシフトを組んだ店員は、みんな暇そうにしています…

 

 

 

「貴重なお金を捨ててしまった。 次のチラシも失敗したらどうしよう。。。 」

 

 

 

 

 

 

でも、今は違います。

 

チラシを打てば、チラシの費用を回収できるくらいのお客さんが新規で来店。

 

 

リピートもしてくれるので、次回来店時から利益に直結。

 

 

お金にも余裕が少しずつできて、休みの日にセミナーに行ったり、本場イタリアに新しいレシピを探しに行ったり。

 

 

 

今日のあなたは4ヶ月前の、

 

「チラシでお金を失うのが怖い」

 

という気持ちとは違います。

 

 

 

チラシを打つと新規客がある程度来ることがわかっているので、安心してチラシを打つことができます。

 

 

 

さて、この4ヶ月の間で何があったのでしょうか?

 

 

チラシをどんなふうに変更したのでしょうか?
何を書いたのでしょうか?

 

 

 

人間の行動心理を徹底的に研究した、『現代広告の心理技術101』では、こんな手法が紹介されています。

 

 

 

========================================

 

お客に“前もって”競合が話しそうなことを伝え、そのあとに自分たちにしかできないことをアピールする。

 

========================================

 

 

 

つまり、他の店が言いそうなことをあらかじめ伝えておき、それに対する反論を用意する。

 

 

そのあとに、自分たちにしかできないことをアピールするのです。

 

 

 

 

さて。

 

 

では、最初の「イタリアンレストランの店長」であるあなたは、お客にどのようなことを“前もって”伝えたのでしょうか?

 

 

 

この本の著者なら、こんなメッセージをチラシに載せるでしょう。

 

========================

 

きっと他の店はあなたに
「うちは新鮮なモッツァレラチーズを使っています」
と言うでしょう。

 

 

でも、
「大きなビニール袋に入ったチーズを、大量に買って使っている」
とは言いません。

 

 

私たちは、毎朝モッツァレラチーズを手で刻んでいます。

 

 

 

他の店はあなたに
「薄くてパリパリのタイプか、厚めのふわふわタイプの生地かを選んでくれ」
と言うでしょう。

 

 

でも、
「冷凍のピザ生地を買って前日の夜から解凍している」
とは言いません。

 

 

 

私たちは、生地を毎日手作りしています。

 

====================

 

 

ここでのポイントは、

 

他店が大きくアピールしている部分を先に伝えることです。

 

 

そして、その裏側を伝えてあげてください。

 

 

お客さんは、そんな業界の裏側を教えてくれた、親切なあなたに好意を持ち、来店してくれることでしょう。

 

 

 

もちろんやり方を間違うと反感を買うので慎重に…

 

 

 

 

これは、101個の効果実証済みのテクニックのたったの1つにしか過ぎません。

 

101個の中から、2つか3つ使えそうなものを使ってみてください。

 

 

きっとあなたのビジネスを伸ばしてくれるでしょう。

稼げる飲食店の効果実証済みのテクニック

 

トップへ戻る