社長が働くと会社は儲からない?

 

実のところ、ビジネスというのは問題解決の連続です。

 

 

セールスやマーケティングなどの営業活動にしても、発送や顧客サポート、経理や総務といった営業の支援的な活動にしても、日々、発生する問題を解決することでビジネスは成長していくわけです。

 

 

ところがです。

 

ここで、ほとんどの社長は自ら働いてこれらの問題を解決しようとします。

 

 

会社の中で一番優秀な人材はほかならぬ社長ですから、社長自らが問題解決に当たるのは、一見合理的に思えます。

 

 

しかし、よく考えてみてください。

 

 

ビジネスというのは日々変化しているので、問題というのは1つ解決してもまた次から次へと発生してしまうものです。

 

 

1つの問題を解決しているうちに、他で2つの問題が新しく発生していたなんてこともよくある話です。

 

 

ですから、社長が問題を解決するのは、効率的に見えるようで実は非効率なのです。

 

 

そして、それこそが

 

「経営者」になれない「社長」が抱える最大の問題

 

とも言えます。

 

 

では、一体どうすればいいのでしょうか?

 

 

それこそがこの本

 

「社長の生産力を上げるシステム思考術」

 

で語られているテーマです。

 

 

この本の著者サム・カーペンターは、儲からない破たん寸前のコールセンターを必死に経営する日々の中で、ある日彼は、問題の火消しを社長である自分がやってはいけないということに気が付きました。

 

発生した問題を潰していく後手後手の仕事をしていては、社長はいつまでも労働の呪縛から逃れられません。

 

 

ですので、発生した問題を解決するのではなく、問題そのものが起きないような、もし起きたとしても自動的に解決されるような「システム」に会社を変える必要があったのです。

 

 

少し言い方を変えると、社長がいなくてもお金を生み出すシステムに会社を作り変えるということです。

 

 

サムはコールセンターをシステム化したことで、最終的には働く時間を40分の1にして、収入を20倍にもしてしまいました。

 

 

生産性が800倍になったわけです。

 

もう日々の問題に追われることもありません。

 

 

ですので、もしあなたが、

  • 会社をもっと大きくしたいのなら
  • 働く時間を減らして収入を上げたいのなら
  • 自動的にビジネスが回る仕組みを作りたいのなら

 

是非、一度この本を手にとってみてください。

「社長の生産性を上げるシステム思考術」を今すぐチェックする

 

 

トップへ戻る