フリースローの成功率と経営者の苛酷な真実

 

リーダーにとって、非情な選択を迫られることは数多くあります。

 

 

例えば、バスケットのコーチがフリースローを打たせるのは、成功率が88%の選手であり、決して50%の選手ではありません。

 

仮に成功率50%の選手が、今回が選手人生最後の試合で、どれほど血のにじむ努力をしてきたとしても選ばれることはないのです。

 

 

一言で言えば、「適材適所」。

 

それが、優れたチームワークを作るために必要な考え方だからです。

 

 

これは、ビジネスをする上でも全く同じことが言えます。

 

 

あえて残酷な表現をするなら、ビジネスのチームワークを作ることは、
「不平等を認識し、利用すること」
なのです。

 

 

このように、ビジネスにおいて、リーダーが自覚しなければいけない、「苛酷な真実」というのはいくつもあります。

 

 

その真実と正面から向き合った者だけが、優れた経営者・リーダーとしてビジネスを成長させることができるのです。

 

 

もしあなたが、経営者として今よりもっと強いリーダーシップを発揮したいと思うのでしたら、

 

今回ご紹介する『社員を動かす社長のカリスマ仕事術』は、とてもお勧めの一冊です。
↓↓↓
『社員を動かす社長のカリスマ仕事術』を見てみる

 

トップへ戻る