23歳のホームレスのメンター発掘術

 

先日、イギリスのリバプールで、路上生活を送る23歳の青年ジョーダン・ロケットさんが、履歴書を使って面白いことをしました。

 

まさに紙とペンだけで人の心を動かし、人生のメンター候補を自分で引き寄せてしまったのです。

 

 

ことの始まりは、彼がある18歳の若者からお金を恵んでもらったことがきっかけでした。

 

 

ジョーダンさんはその若者に、自分が書いた手書きの履歴書を手渡し、これをツイッターでアップしてほしいと願い出たのです。

 

 

書いてあったことは主に次の三つです。

 

  • ホームレスセンターに行くように言われたけど助けてもらえなかった
  • 過去2年間バイクのメカニックとして働いた
  • 仕事の飲み込みも早いし働き者である

 

そして決め手は、18歳の若者がツイッターでシェアする際に添えた「彼はまだ23歳で、どんな仕事でもするつもりだ」というコメントでした。

 

 

みるみるうちにツイートは拡散され、総リツイート数はなんと3000件。面接を申し出るビジネスオーナーが多数現れたそうです。

 

もしその中に自分のメンターを見出すことができれば、彼の人生はこれから大きく変わっていくことでしょう。

 

 

こうした「メンターとの出会い」というのは何も、ホームレスが人生を変えるきっかけとなるだけではありません。

 

経営者にとっても、「メンターとの出会い」は大きなステップアップのチャンスとなります。

 

 

人は人から学ぶことによって大きく成長します。それはホームレスでも、経営者でも一緒です。

 

実際ソフトバンクの孫社長も、楽天の三木谷社長も、過去多くの成功者たちが、

 

「メンターとの出会いは、成功するためのスキルを磨くのに役立った」

 

と口を揃えて言っています。

 

 

では経営者は一体どこでメンターを見つけられるのか?具体的にメンターをどう活用することで、より経営者として大きく成長することができるのか?

 

こちらの書籍にはその答えが載っています。

経営者のメンターの見つけ方とその活用方法

 

トップへ戻る