「行い自体に価値がある」と思わせる方法

 

 

Appleの故スティーブ・ジョブズと、偉大な宗教指導者イエス・キリストやガンジーに共通点があるとしたら何でしょうか?

 

 

それは、「行い自体に価値がある」と思わせることに長けているということです。

 

 

宗教の信者達は、指導者に強制されたから毎日お祈りをしたり礼拝をしたり、募金活動や不服従運動をしたわけではありません。

 

 

「これが自分の生きる道だ」
「自分は人として正しい選択、行動をしている」

 

 

そう思って誰もが自発的に動いていたはずです。

 

 

生前ジョブズは、マイクロソフトを批判して、「私たちはそんな顧客のためにならない商品はつくらない」と公言していました。

 

そしてその思いに共感し、ビジョンについていく人間たちがAppleで働いていたからこそ、

 

ipodが生まれ、
iphoneが生まれ、
世の中に革命的なイノベーションを起こしたのです。

 

 

「行い自体に価値がある」と思わせることはリーダーシップの一つです。

 

 

事実、ほとんどの従業員はリーダーシップを求めています。

 

 

もしあなたが、社員が勝手にバリバリ働いてくれるような、カリスマ的なリーダーシップを手に入れたいのでしたら、

 

今回ご紹介する本、『社員を動かす社長のカリスマ仕事術』は必ず役に立つでしょう。

『社員を動かす社長のカリスマ仕事術』を見てみる

 

トップへ戻る