自分をクビにして、仕事をコントロールする

 

もし、あなたが1人で何でもできてしまう、生粋の起業家・経営者なら、この広告は重要です。

 

なぜなら、あなたの働く時間を3分の1以下にしながら、ビジネスを成長させる方法をご紹介するからです。

 

 

それが本書「バーチャルCEO」のテーマです。

 

 

著者の名はクリス・ダッカー。

 

2008年にコールセンター業務を始めた生粋の起業家です。

 

 

彼は当時まさに自分のことを、1人で何でもこなせる人間だと思っていたそうです。

 

 

事実、1人で何でもこなしていました。

 

そして、彼の賢明な努力により、会社は従業員7人から75人まで成長したのです。

 

 

しかし、一方で彼の働く時間は、1日16時間にまで増えていました。

 

 

もちろん、それに伴いストレスも少しずつたまっていきました。

 

 

そしてある日、、、彼はふと”あること”に気づきました。

 

 

それは、、、

 

”自分は仕事をコントロールしているつもりだったが、本当は仕事にコントロールされていた”

 

ということです。

 

 

彼がいなければ会社は回らない、そして成長しない状態だったのです。

 

つまり彼は、経営者失格だったのです。

 

 

そうして彼は自分をクビにすることを決意したのです。

 

 

その結果2010年には、、、

 

1日16時間働いたのが、1週間で8〜16時間働けば良い状態になったのです。

 

 

彼は自由を手に入れました。

 

ほんとうの意味で、仕事をコントロールできる経営者となったのです。

 

 

では、彼はいかにして週1日、2日働けばいい経営者になれたのか?

 

こちらの書籍にその答えが載っています。

「バーチャルCEO」を見てみる

 

 

トップへ戻る